小夏みかん日記

チワワの小夏とチワピンみかんの、わちゃわちゃな楽しい毎日

小夏ずきんちゃんと、みかんオオカミさん 

 

(注)この物語は、フィクションです。


あるところに、小さな女の子の小夏ずきんちゃんと

小さいけどお口の大きなみかんオオカミさんがいました。

オオカミさんは、お父さんが見ていない隙に小夏ずきんちゃんを食べようとしました。



小夏ずきんちゃんを丸のみしようと、大きなお口を開けた瞬間、お父さんが振り返りました。



ベタな誤魔化しで、無かった事にしようとするオオカミさん。

びっくりした小夏ずきんちゃんは、食べられそうになったことを、お父さんにお話ししました。



すると、すかさずオオカミさんもお父さんにお話しします。



オオカミさんは、ここ1番のキラキラした笑顔で、お父さんに話しかけます。

果たして、お父さんはオオカミさんの言うことを信じるでしょうか?



オオカミさんは、お父さんにすがりついて説得しました。


すると・・・

みかんオオカミさんにメロメロのお父さんは、お話を信じてしまいました。


本当は、大事な小夏ずきんちゃんがもう少しで食べられるところだったのに。


危ないところでしたが、何事も起こらずみかんオオカミさんと小夏ずきんちゃんは

お父さんとお散歩を楽しみました。

めでたし、めでたし。





あの童話のオオカミさんも美しかったら、上手くいったのかもしれませんね。



本日もお越しくださり、ありがとうございます。

ポチッと応援、よろしくお願いします。
⬇   ⬇   ⬇   ⬇
ブログランキング・にほんブログ村へ 

カテゴリー: わんず

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://konatutomikan.blog.fc2.com/tb.php/466-eaabad96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top